エンジニアの感性で英文法を解析!

 

        メニュー


トップ・ページ…お知らせ
はじめまして

      ==「章」==
英語の歴史と語源 (49p) (2015/3/1)
語彙と文法 (58p) (2015/3/1)
文の構成と文型 (103p) (2015/3/1)
連結動詞と語彙動詞 (50p) (2015/3/1)
2目的語他動詞 (50p) (2015/3/1)
再帰動詞・代用動詞do、他 (17p) (2015/3/1)
動作動詞と状態動詞 (33p) (2015/3/1)
複数語動詞 (27p) (2015/3/1)
↓new
時制とアスペクト (119p) (2015/4/30)

参考書籍 (2015/3/1)

ほんとに面白いの?
<<ちょい覗き見トピックス>>
会社名など組織名称は‘見掛け複数形’
語形変化しないから‘不定詞’
数値を暗示または意味する複数形
過去時制に用いられても現在分詞
授与動詞、ホントは授受動詞である
原形と原形詞(不定詞のこと)の違い
They make a good team.のmakeは連結動詞!
連結動詞は副詞で修飾できない
He turned pale.のturnは連結動詞。自動詞ではない


ご指摘、ご批判、ご要望のメール先


ページの賑わいを増す
<<よもやま話>>
‘代理店’と言ってもさまざま (2015/4/1)
beta test(ベータ・テスト)が一般語になるなんて (2015/3/29)
NRE(開発費一括負担) (2015/3/29)
return loss、値が大きい方が良い結合状態である (2015/3/29)
vise president、会社での役職名あれこれ (2015/3/29)


                トップ・ページ…お知らせ


[更新]2015年(平成27年)4月30日
「時制とアスペクト」の章(119ページ)を追加しました。
これで、現在トータルで506ページとなりました。
●2015年(平成27年)3月15日
編集を完了したいくつかの章をアップ致しました。
既存のおそらくすべての英文法書および英文法サイトは
英語の教師など英語業界の人が著わしたものだろうと思います。
当サイトは、エンジニアとして英語を実用的に用いた
経験を持つ著者が著わしています。
(1)英文法をエンジニアの感性で解析しています。
   いわゆる学校英文法ではない切り口に驚かれるかもしれません。
(2)英語業界ではない他業界の経験が豊富なので
   現実社会の広い視野から説明を試みています。

● この先も「助動詞」、「受動態」、「仮定法」と
まず動詞に関わる部分を優先してアップして参ります。
どうかご愛顧をお願いいたします。

●使い方
左欄のメニューから希望の章をクリックして 章の目次一覧を表示させてください。
目次の中から希望の部分をクリックすると
文庫本風に編集された本文が数ページごとに表示されます。
読む順序は、まず「英語の歴史と語源」、「語彙と文法」、「文の構成と文型」の
3つを先に読んでいただきますと
その他の章の説明をスムーズに理解できると思います。

●ページの文字のサイズは固定です。
パソコンのモニタ表示画面が
HDTV仕様:横1920ピクセル、縦1080ピクセルの場合を 想定しています。
ブラウザがInternet Explorerの場合、
おおよそページのイメージ全体が表示できます。


当サイトのコンテンツには「著作権法」に基づき著作権が発生しています。
この著作権の所有は中野 薫に帰属します。
All Rights Reserved. Copyright 2015, 2016 Kaoru Nakano

英語の歴史と語源
    1/15 はじめに
    2/15 仮説「印欧祖語」、アルファベットはどこから、“ラテン語”の起源
    3/15 ラテン語が文字を獲得、最初は大文字のみ
    4/15 ブリテン島の先住民はケルト人、英語に関わる諸言語系図
    5/15 英語語源としてラテン語借入のゲルマン語、英国はローマ帝国に統治される
    6/15 ゲルマン民族の英国のブリテン島への移住
    7/15 ゲルマン語から英語(English)に改称、アルファベット文字がブリテン島へ
    8/15 北欧のデーン人による支配、古ノルド語が英語に大きな影響を与えた
    9/15 アルファベットに小文字が誕生、イングランド王国の成立
    10/15 古英語時代の形容詞と副詞、分詞形容詞が生まれる
    11/15 ラテン語語源の形容詞の特徴
    12/15 フランス国ノルマン人の英国征服、フランス語の流入
    13/15 中英語期に-s副詞接尾辞が創られた、ラテン語聖書が英語に翻訳
    14/15 アクセント規則が始る、メイフラワー号の清教徒が米国上陸
    15/15 [米国]綴り字革命、英国に関する語はややこしい

↑ メニューのトップへ戻る

語彙と文法
    1/19 意味論・統語論・語用論
    2/19 文法でいう語彙(a lexicon)とは
    3/19 語彙文法とは、語形変化とは
    4/19 連語の習性
    5/19 意味論、語の意味の包括性/包含性
    6/19 語用論、選択制限、言語使用域、PC
    7/19 多くの語彙情報を用いて英語が話される
    8/19 語形、語彙素、形態素
    9/19 独立語、派生と派生語、語彙的接辞
    10/19 文法的接辞機能語
    11/19 合成
    12/19 転換
    13/19 逆生成語
    14/19 なにやら似ている綴り・発音・意味
    15/19 意味拡張、直喩(シマリ)と隠喩(メタフォ)
    16/19 文法用語、とくにアスペクトとオペレータ
    17/19 文法用語、文や単語を構成する部品
    18/19 曖昧に思える学校英文法の用語
    19/19 なぜこのように決まったのか不思議な用語たち

↑ メニューのトップへ戻る

文の構成と文型
    1/40 文の構成、述語のパターン
    2/40 主語と動詞の一致、主語の人称と単複
    3/40 名詞および人称代名詞
    4/40 組織名称には‘見掛け複数形’が用いられる
    5/40 注意が必要な名詞
    6/40 普通名詞と抽象名詞が混在する病気に関わる語
    7/40 不定代名詞
    8/40 指示代名詞、疑問代名詞
    9/40 不特定人称主語(one, you, people, we, they)
    10/40 形式主語(There, It)
    11/40 いろいろな主語と動詞の実際ケース(数と数字/数詞、0.1 seconds(0.1秒)は正しい?)
    12/40 数値を暗示している複数形名詞
    13/40 複数の主語を受ける動詞のかたち、単数形動詞の場合もある
    14/40 a <普通集合名詞> of →形容詞(many)
    15/40 述語の基本構成4パターン
    16/40 疑問文、not否定文
    17/40 ‘時制’と‘主語動詞の一致’は述語を構成する一番先頭の動詞のみが同時に担う
    18/40 叙述法助動詞shall, willの気持ちの意味
    19/40 shall, will, should, wouldの過去形について
    20/40 shall,will,should,wouldの時制と人称による語形変化
    21/40 shall, willの歴史
    22/40 shall, willの用法の概略
    23/40 (1)意志未来のshall, will/(1.1)意志未来の一人称
    24/40 (1.2)意志未来の二人称<、(1.3)意志未来の三人称/A>
   
25/40 (2)ゼロ意志未来のshall, will/(2.1)ゼロ意志未来の一人称、(2.2)ゼロ意志未来の二人称、(2.3)ゼロ意志未来の三人称
    26/40 (3)時制と人称を持たないshall, will, should, would(should, wouldは時制を失っている!)
    27/40 習慣、習性には時制は無い
    28/40 句と節の違いは?(進行分詞節、完了分詞節、原形詞節)
    29/40 文の構造(単文、重文、複文、埋め込み)
    30/40 単文(詳細に分解・分析)
    31/40 文の構成要素/有ると無いとで文の意味を変える副詞的修飾語
    32/40 副詞的修飾語(副詞的付加語、述語修飾副詞、文修飾副詞、接続的副詞)
    33/40 (1)副詞的付加語/叙述動詞が要求する副詞的付加語は必須である
    34/40 文の構成(自動詞+副詞的付加語、他動詞+副詞的付加語、連結動詞+副詞的付加語、その他の副詞的付加語)
    35/40 (2)述語修飾副詞(否定の副詞、副詞が述語の意味を表わす、見解、儀礼、様態)
    36/40 (3)文修飾副詞、(4)接続的副詞
    37/40 必須かどうかの検証法
    38/40 文型(文型は簡単に変態する)、学校英文法の基本5文型
    39/40  基本9文型(連結動詞と必須の副詞的付加語)

↑ メニューのトップへ戻る

連結動詞と語彙動詞
    1/15 まず動詞を分類
    2/15 叙述動詞を分類、連結動詞
    3/15 叙述動詞を分類、自動詞、他動詞、他
    4/15 語形変化
    5/15 原形と原形詞の違いは?
    6/15 さらに用語の説明:派生、主語動詞の一致、他
    7/15 叙述動詞---定形叙述動詞
    8/15 連結動詞を分類
    9/15 連結動詞と自動詞の違い
    10/15 名詞を補語に採る連結動詞と名詞を目的語に採る他動詞の違い
    11/15 連結句動詞
    12/15 形容詞を補語に採る連結動詞/連結動詞を述語修飾する副詞
    13/15 連結動詞の進行形は?
    14/15 連結動詞および連結句動詞固有の構造パターン
    15/15 自動詞、他動詞、連結動詞で意味範疇が異なる語

↑ メニューのトップへ戻る

2目的語他動詞
    1/15 特殊な他動詞−機能アスペクトによる分類…授与動詞、剥奪動詞、他
    2/15 授与動詞、疑似2目的語他動詞と言う用語の導入
    3/15 授与動詞の歴史…歴史の中で失った名詞の与格と対格
    4/15 授与動詞の定義…授与動詞であるための意味上の制約…移動と移動の完結が必須である
    5/15 2目的語構文における直接目的語/間接目的語の意味…受け手は意識的に受け取れなければならない
    6/15 二段階動作授与動詞…「何かをして、〜に与える」
    7/15 構文は3つ…標準形(S+Vt+Oi+Od文型)、変形(S+Vt+Od+prep+Oiタイプ)、異形(S+Vt+Oi+prep+Odタイプ)
    8/15 標準形と変形…間接目的語や直接目的語が代名詞のケース
    9/15 代名詞と発声、標準形(S+Vt+Oi+Od文型)を採ることにマージナルな授与動詞、for《間接目的語》には曖昧さがある
    10/15 授与動詞の分類…(1)2目的語他動詞と疑似2目的語他動詞
    11/15 授与動詞の分類…(2)疑似2目的語他動詞
    12/15 剥奪動詞(授与動詞の意味の逆バージョン!)…(1)純粋2目的語他動詞
    13/15 剥奪動詞…(2)2目的語他動詞と疑似2目的語他動詞、(3)疑似2目的語他動詞
    14/15 授与動詞・剥奪動詞以外の特殊な2目的語他動詞…何かが移動するわけではない
    15/15 <他動詞><名詞*><名詞>の文、あれこれ

↑ メニューのトップへ戻る

再帰動詞・代用動詞do、他
    1/15 再帰動詞…純粋再帰動詞、半再帰動詞、非再帰動詞…受動態はつくれない
    2/15 純粋再帰動詞…特定の意味において‘<他動詞><再帰代名詞>’が義務
    3/15 半再帰動詞…意味上‘<他動詞><再帰代名詞>=<自動詞>’である
    4/15 非再帰他動詞…<他動詞><再帰代名詞>で表わす意味についてこのパターンが必須ではない
    5/15 代用動詞(pro-verb)のdo
    6/15 <叙述動詞><名詞>パターン

↑ メニューのトップへ戻る

動作動詞と状態動詞
    1/13 まず動作動詞を分類:活動継続動詞、完遂動詞、瞬間達成動詞おおび状態変化動詞 1/2
    2/13 活動継続動詞、完遂動詞、瞬間達成動詞おおび状態変化動詞 2/2
    3/13 状態動詞を分類:存在動詞、認識動詞(=感覚動詞と知覚動)、感情動詞、説明動詞、関係動詞
    4/13 存在動詞、認識動詞
    5/13 五感の感覚動詞(連結動詞と自動詞)、肉体の感覚動詞(連結動詞と自動詞)
    6/13 感覚動詞(他動詞)…can<他動詞の感覚動詞>
    7/13 五感の感覚動詞と五感の動作動詞
    8/13 知覚動詞/連結動詞、知覚動詞の自動詞と他動詞
    9/13 知覚動詞と知覚の動作動詞
    10/13 進行形状態動詞…感覚動詞と知覚動詞の特別用法
    11/13 認識動詞とS+Vt+Od+Co 文型…S+Vt+Od+Co 文型を採れる認識動詞
    12/13 一部の認識動詞は目的格補語に‘to無し<原形詞>’を採るケースがある、watchとknowはちょっと特別
    13/13 感情動詞、説明動詞、関係動詞

↑ メニューのトップへ戻る

複数語動詞
    1/11 みかけ複数語動詞の部類…複数語動詞、前置詞連結動詞、前置詞動詞、フリー・コンビネーション、他
    2/11 句動詞、副詞的小辞、前置詞的副詞
    3/11 副詞的小辞…(1)同じ綴りの前置詞が存在する純粋な副詞的小辞、(2)同じ綴りの前置詞が存在しない副詞的小辞
    4/11 連結動詞句動詞、自動詞句動詞、前置詞句動詞
    5/11 他動詞句動詞…本来形と慣用形
    6/11 一部の他動詞句動詞はほぼ慣用形が用いられる
    7/11 副詞的小辞と紛わしい普通の副詞、前置詞連結動詞
    8/11 前置詞動詞…(1)前置詞を使って目的語を導く自動詞、(2)前置詞を使って補語を導く自動詞
    9/11 綴りが<副詞的小辞>=<前置詞>に苦しめられる…前置詞であることの検証法、副詞的小辞であることの検証法
    10/11 フリー・コンビネーション
    11/11 その他のイディオム(慣用句)

↑ メニューのトップへ戻る

時制とアスペクト
    1/34 時制とは;過去時制以外は曖昧
    2/34 過去の過去(大過去)→過去→現在→未来
    3/34 ゼロ時制…時間概念が無かったり、時制を失ったり
    4/34 時制を担う義務順位と時制を担えない動詞
    5/34 純粋叙述法助動詞will, shallの過去形
    6/34 述語アスペクト;進行、完了、ゼロ
    7/34 ゼロ・アスペクト;静止が継続、習慣動作、永遠動作、瞬間動作
    8/34 進行アスペクト;進行アスペクトを採れる叙述動詞と採れない叙述動詞
    9/34 進行形を採る動作動詞と特別な効果を狙って状態動詞も
    10/34 進行アスペクト;活動継続動詞(五感の動作動詞も含む)でクローズ・アップ表現
    11/34 進行アスペクト;行為または事象は一時的である、行為の不定期な繰返しを表現
    12/34 進行アスペクト;完遂動詞で終了過程をクローズ・アップ、未完了を強調
    13/34 進行アスペクト;瞬間達成動詞で繰り返し
    14/34 進行アスペクト;状態変化動詞で遷移のスローモーション表現
    15/34 進行アスペクト;動作動詞の特別用法(決意、ためらい、不満)
    16/34 進行アスペクト;状態動詞(進行形状態動詞)
    17/34 進行アスペクト;存在動詞で一時的に移動、一時的な状態を表現
    18/34 進行アスペクト;認識動詞での使われ方
    19/34 進行アスペクト;感情動詞が感情表現を強調;説明動詞;関係動詞
    20/34 完了アスペクト;話している時点から過去へ“後戻り”で話される
    21/34 完了進行アスペクト;継続・完了・進行
    22/34 アスペクト × 時制;ゼロ・アスペクト・ゼロ時制
    23/34 アスペクト × 時制;ゼロ・アスペクト現在時制
    24/34 アスペクト × 時制;進行アスペクト現在時制
    25/34 アスペクト × 時制;完了アスペクト現在時制、完了進行アスペクト現在時制
    26/34 アスペクト × 時制;ゼロ・アスペクト過去時制
    27/34 アスペクト × 時制;進行アスペクト過去時制
    28/34 アスペクト × 時制;完了アスペクト過去時制
    29/34 アスペクト × 時制;ゼロ・アスペクト未来表現
    30/34 アスペクト × 時制;ゼロ・アスペクト未来表現(ゼロ意志未来)
    31/34 アスペクト × 時制;ゼロ・アスペクト未来表現(意志未来)
    32/34 アスペクト × 時制;ゼロ意志未来か意志未来かは文脈次第、時制の一致でのshall, will
    33/34 アスペクト × 時制;進行アスペクト未来時制
    34/34 アスペクト × 時制;完了アスペクト未来時制、未来完了進行形

↑ メニューのトップへ戻る

参考書籍
    参考書籍

↑ メニューのトップへ戻る

はじめまして 巷で眼にする英文法書やネットの英文法サイトはおそらくすべていわゆる文科系の人によって書かれたものだと思います。 ひとつくらいエンジニアの経歴を持つ人間が書いてみてもおもしろいのではないでしょうか?と、言うのもこれまで多くはないもののいくつかの英文法の書を眼にしてきて少々違和感を感じていました。その違和感とは工学系の端くれ人間の自分にとって何か違うというちょっと説明しづらいものです。 これからの各「章」をお読みになってその違いが肌で感じられることを期待しています。 「系統立った説明あるいは解説」を目指しています。学問は「俯瞰することから始める」のが普通だと思うのですが巷の英文法書あるいは英文法サイトにはそれが無い。用語をいっぱい並べて一見系統的に分析しているようだけれど、読んでいくと虫食い状に説明しているだけという印象です。このサイトでは、たとえば動詞の説明においては、まず、動詞類の全体系を階層的に示してから説明するなど最初に俯瞰した説明ぃら細部に至るように行なっています。また、英語の学習においては英語の歴史と語源についての情報は欠かせませんので、ここでの最初の「章」として扱うとともに、以降の「章」においても折に触れて説明を加えています。そして、いわゆる学校英文法を気にせずに、全体としてこれまで理解した限りで曖昧さを排除して具体的、そして自分なりの論理的説明を試みています。‘法など’学習者にとって直感的に意味が解らない用語は困りものです。ここでは自分なりに解りにくいと考える用語をより適切と思われる用語に置き換えて説明を試みています。却って解りにくいぞとの批判を覚悟で。おそらく他人からみれば独り善がりに見えると予想しています。できれば、誤りのご指摘やご批判をメールしていただけると嬉しいです。今回のアップに際しては、文庫版サイズでDTP処理しビット・マップに落としたものを公開しています。その理由は、DTP処理すれば圧倒的に編集が楽だということと、文字化けや編集されたレイアウトが壊れる可能性が無いことです。

          広告


          推奨書籍

==英文法のバイブル==
1, 800ページ、著者の‘Quirk’で英語界では通っているハンドブック。ハンドブック形式なので好きなところから読むことができる。知りたい項目へは目次またはインデックスを参照して辿り着く。

==英文法のバイブル==
850ページ、日本人などの非ネイティブの英語教師向けに書かれている。こちらは最初の章から順番に読まれることが想定されているような編集である。

==英語で書かれた英文法の入門として最適==
Prentice-Hall社の書籍、400ページとコンパクトで やさしい英語で文法を学ぶことができる。


==法律用語辞典+法律裁判必須情報==
The New York Timesなどの裁判ざたの記事は、 普通の人はこれなくして理解はできないだろう
およそ全ページの1/3を占める巻末は裁判構造を知るに必須。

==法律に関する歴史背景から全体を学べる==
上記の「BASIC英米法辞典」と本書「法律英語の基礎知識」は備えていると役立つ。
==日本人が間違いやすい項目を深堀り解説==
マーク・ピーターセンの[日本人の英語」シリーズの大学英文科学生向けといった感じの内容である。大学講義用にまとめられている故に日本語が硬いのがおしいところ。
==池上嘉彦氏の著作には外れが無い==

==放送大学での講義用につくられた英文法の教科書==

==文庫本にこれだけ詰めたかと驚く密度感==


==日本の大学所属の英語ネイティブ教師の著作== ベストセラー。やさしい日本語で書かれている