「エンジニアによる英文法の整理」  連結動詞と語彙動詞

        メニュー


トップ・ページへ戻る

↑ 他をお読みになる場合は
一旦トップ・ページへお戻りください。


トップ・ページ内の「連結動詞と語彙動詞」へ戻る

連結動詞と語彙動詞□ この章では学校英文法で述語動詞、本動詞あるいは単に動詞と呼ばれる語について述べる。以下の‘動詞の分類ツリー’で示すようにそもそも動詞は主語の動作や状態を述べる動詞とそれらの動詞に気持ちを加えたり受動態などをマークするなど、文法上の修飾を行なう助動詞とに分類される。この章では動作や状態を述べる叙述動詞について述べ、別の章で助動詞について述べる。構文機能による動詞の分類 動詞(verbs)…節の述語(=動詞句)を構成する語 叙述動詞(predicate verbs){学校英文法では定動詞} …唯一単独で述語になれる ・ 学校英文法で単に、動詞とか、本動詞、 述語動詞などと呼ばれているもの ・ 基本助動詞でないbe, have, doを含む 連結動詞(linking verbs)…beだけが特別 語彙動詞(lexical verbs) 自動詞(intransitive verbs) 他動詞(transitive verbs) 定形叙述動詞(nonfinite verbs) {学校英文法では不定動詞} …定まった綴りで語形変化しない・ 連結動詞、自動詞、他動詞それぞれにある 助動詞( auxiliary verbs / auxiliaries) …文法上の機能語 ・ 叙述動詞に機能または気持ちを補足する 基本助動詞(primary auxiliaries) …be, have, do;叙述動詞に機能を加える 定形基本助動詞 叙述法助動詞(modal auxiliaries) …述べているときの気持ちを表現する 叙述動詞(predicate verbs) studyなど学校英文法で述語動詞とか本動詞などと呼ばれているもの、および基本助動詞でないbe, have, doのこと。 叙述動詞は連結動詞と語彙動詞(自動詞と他動詞)の総称である。多くの場合に見られるように不完全自動詞や完全他動詞がそれ自体で意味を持ち、補語は主語を説明し、目的語は動作の対象となっている。連結動詞(linking verbs)は見掛け上、つまり構文規則上不完全自動詞と同じく主語を説明する補語を採ったり、完全他動詞が目的語を採ったりしているように見える。連結動詞の場合は連結動詞自体は完全な意味を持たず、「<補語> である」、「<補語>になる」や「<みかけ目的語> になる」のように主語と補語を繋げるだけの働きである。このことから、繋げるだけで意味が不完全な叙述動詞を連結動詞と呼び、意味を持っている方を語彙動詞(lexical verbs)と呼ぶ(lexical=語彙的である=意味を持っている)。構文規則上、唯一、単独で述語になれる 省略構文でない通常の文には連結動詞か語彙動詞のいずれかが1つある。前の「文の構成と文型」の章で述べたとおり、もし、述語が叙述動詞が単独であった場合、時制と主語動詞の一致を担うので以下の語形変化をする。ゼロ・アスペクト現在時制においては、一人称または二人称の場合は現在形、三人称の場合は三人称単数現在形に語形変化する。過去時制であれば、人称に関わらず過去形、命令文では原形が用いられる。一部の仮定法現在で原形が用いられることがある。「仮定法」の章を参照。助動詞(auxiliary verbs / auxiliaries) …文法上の機能語。基本助動詞be, have, do+叙述法助動詞のcan, could, may, might, shall, should, will, would, must+半叙述法助動詞のhad toなどである。詳細は「助動詞」の章を参照。でしゃばり屋のbe 〜動詞と付く用語にはすべて顔を出す: 叙述動詞の連結動詞be  語彙動詞be 「存在」を意味する基本助動詞be 叙述法助動詞の中の 半叙述法助動詞の構成メンバーとしてbe to, be going to, be willing to, be able to, .......







先頭ページ<< 前ページ<4>